FC2ブログ
ふぞろゐプロジェクトの日々の活動を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ホームページを立ち上げました。

広告業界のセオリーに「AIDMA(アイドマ)」理論というのがあります(・・ありました?!・・)
A=Attention(注意を喚起し)
I=Interest(興味を持たせ)
D=Desire(欲望に訴え)
M=Memory(記憶させ)
A=Action(購入させる)
の頭文字を並べたのが「AIDMA」です。

でも、もう過去の話・・。

今は「AISAS(アイサス)」理論(※注・・電通の登録商標です。)に変わってしまったそうです。
A=Attention(注意が喚起され)
I=Interest(興味が生まれ)
S=Search(検索し)
A=Action(購入し)
S=Share(情報を共有する)
これが「AISAS」です。
「Search」と「Share」・・とは、インターネットの普及によって、
受動的な消費者が能動的な消費者に変わったことを象徴する概念です。
以前は、大量に降り注ぐテレビのCMや新聞・雑誌の広告を見て、
雰囲気の中で買っていた消費者が購入前には
インターネットで商品情報を「Search(検索)」し、
充分知識を得た上で購入するだけでなく、
購入後にはインターネットで「Share(情報共有)」しながら、
商品の欠陥や優れた部分についての意見交換までするそうです。
この消費者行動の変化は、企業にとっては・・死活問題。
企業は、「Search」と「Share」を意識したホームページの制作に、
こぞって・・奔走しました。
・・で、遅まきながらNPO法人『ふぞろいプロジェクト』も・・ホームページを立ち上げました。

トップページのデザインとか色々課題はありますが、
でも一番問題なのは、これからのホームページのあり方です。
「生きている百科事典」と呼ばれている
【Wikipedia】というネット上の百科事典をご存知でしょうか?


専門家・素人の区別なく、誰でも内容を自由に書き加えたり、
変更したりする事が可能な事典です。
・・でも、誰もが自由に書き加えることができる・・ということは、
書き加える人がいる限り、いつまで経っても完成しない・・という事ですよね。
【この事典には、情報をコンテンツとして完成品に仕上げてしまわない・・強い意志を感じる。
「情報」とは、最終形ではなく、変形の途中であり、
だからこそ価値がある・・こんな情報観を持った《新しいメディア》である。】
と指摘する人もいます。
「完成度の高い情報」に価値を見出すのではなく、
「変形途中の情報」に価値を見出す《新しいメディア》の存在・・。
能動的な消費者の存在が可能にした・・一種の《情報革命》のような気がします。


「ふぞろいプロジェクト」のホームページも、
この《情報革命》にあやかって、常に変形の途中であり続けたいものです。
様々な人たちが色んな問題や課題を投げかけ、
様々な人たちがその問題や課題の解決のための知恵を出し、
様々な人たちが参加して問題や課題に取り組む・・。
そんな【世直しの夢】を常に追い求め、
しなやかに変形する「ホームページ」になったら素敵だな~と思いませんか?
「器」は、出来あがりました。
これから「魂」を吹き込むのは、皆さんです。

是非、参加して下さい!

監事・広報 平尾 隆司
スポンサーサイト
2010-01-10 : ほっとミルク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。