FC2ブログ
ふぞろゐプロジェクトの日々の活動を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

北別府 学さんからの応援メッセージ

この度、ふぞろいプロジェクトを応援して頂いている方からの御紹介で、
北別府さんとお会いすることが出来ました。

北別府さんは御実家が農家であり、高校時代に専門的に農業を学ばれた経歴をお持ちです。
広島・日本の農業・食に対して、とても熱い思いをお持ちです。
今後ともこれをスタートに私達の活動に対して参加をいただけます。

20101010.jpg
一鍬入魂の北別府さん

======== 北別府 学さんからの応援メッセージ ========

皆様は戦後の世界人口は、43億人以上増加していることをご存知でしょうか?

世界の人口は、1分間で152人、1日で22万人、1年で8000万人増加していると言われます。
そして、2050年に世界の人口は、91億人に達するといわれています(国連予測)。
これに対して、環境破壊、異常気象などの理由から、
少なくとも世界の農産地は減っていく一方です。
おまけに地下水の渇水も深刻な状況となってきましたので、
飲料水が確保できるかどうかの保証もない状況です。

「時を刻むごとに、現在よりも環境は悪くなる!!」

今でさえ、十数億人は満足に食事もできずに、
飲料水も充分に確保は出来ていないのです。
日本でも、1965年以降は食糧自給率も低下の一途をたどり、
現在は半分以上が輸入に頼っている状況です。

そして、同じ農業をとってみても、
私たちの両親の世代が行う、昔ながらの農業もあれば、
現代の若者が行うバイオテクノロジーを駆使しブランドのマネジメントも行うといった
第二次産業的な農業もあり、農業の多様化が著しくなっています。
反面、現在の日本の農家では作物選定、販路の確保、資金調達、新技術の導入等々、
経営全般をほぼひとりで切り盛りしているというのが実情です。

今回ふぞろいプロジェクトさんの理念に賛同いたしましたのは、
経営の多角化に直面し、研修生を実践へ結びつけ、
農業経営者同士の連携を助けておられる点。
また、積極的な情報交換の場を主宰されており、
今後の農業再生や、新農業モデル構築の確立とともに、
後継経営者、農業技術者などの確保・育成に注力されているところです。
昔ながらの農業を行う農家も支援しつつ次世代を担う若者の教育も行うことこそ、
高齢者と若年者が融合し、短所を補い長所を生かすと言うことではないでしょうか?
2028年、決して先の未来のことではありません。
私は「農業を専門的に学んだ元プロ野球選手」という、珍しい経歴を持っております。
その経験を生かし、微力ながらお手伝いいたしたいと考えております。

================================
スポンサーサイト
2010-09-15 : 事務局奮闘記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。