FC2ブログ
ふぞろゐプロジェクトの日々の活動を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

金星の太陽面通過

P1013118.jpg

先月の日食に引き続き、今回は金星の太陽面通過です。

日食の時にもお話しましたが、太陽を撮影する時は光量が一番問題なのですが・・・

今回の光量は日食の時とは比べ物になりませんでした(^^;

ちょっと暗くしすぎた感は否めないのですが、このくらいしないと金星の影が綺麗に出ませんでした。

やはり、ほとんどが隠れてしまう日食と、ほとんど隠れない金星通過の差は大きいです。

太陽と地球の間に他の天体が入ると言う意味では、同じ現象のはずなのですが

地球から見たときの月と金星の大きさの差はこれだけ違うと言うのを思い知りました。

夜見る分には、金星も随分明るく見えるのですけどね・・・

スポンサーサイト
2012-06-11 : SF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日食

P1013105.jpg

5月21日にあった金環日食・・・と言っても、広島では金環にならずにただの日食でしたけども

上のは安芸区で撮影した写真です。

420mmのレンズではこれが精一杯でした(^^;

ご存知の方も多いとは思いますが、日食と言うのは、太陽と地球の間に月が入り込む現象のことです。

月と地球の距離が一定ではないので、
月と地球の距離が近い時は月の影が大きくなって皆既日食に
月と地球の距離が遠い時は月の影が小さくなって金環日食になります。

この両方が見ることが出来る惑星と恒星、衛星というのは、宇宙とか銀河の単位で見てもかなり珍しい物であると言われています。


太陽が関係した天体現象を撮影しようと思うと、やはり一番の問題になるのは光量です。

光量の調整を間違えると
P1013090.jpg

この様になってしまいます。
電線まで写って不細工なことこの上ないですね(--;

上の2枚の写真は同じ遮光レンズを使って撮影しています。
カメラの感度設定や、シャッター速度だけでもこれだけ違いがつけれます。

1回撮って駄目だと思わないことが大事ですね。
2012-06-01 : SF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。